ビジネス集客

スモールビジネスって?メリットやデメリットも徹底解説!

スモールビジネスって?メリットやデメリットも徹底解説!

植木浩子

この記事では、スモールビジネスって?メリットやデメリットも徹底解説しています。

この記事を読むとスモールビジネスの定義と、始め方を理解できるようになります。

この記事はこんな方にオススメです!
  • スモールビジネスってどんなビジネスなのか気になっている方。
  • WEBでビジネス構築を始めたい方。

「スモールビジネスってよく聞くけど、どういうビジネスなんだろう?」スモールビジネスがどんなものなのか、気になっている方はいないでしょうか。今回はスモールビジネスの定義や、メリットやデメリットについて解説します。

植木浩子
一見聞き慣れない用語ですが、最後まで読めばスモールビジネスについてバッチリと理解できますよ。

スモールビジネスとは?

スモールビジネスとは、小規模で行うビジネスです。厳密な定義はないものの、一人ないしは少人数で行っている事業はスモールビジネスに該当します。

スモールビジネスは小規模で行うものゆえに、お金をあまりかけることなくスタートできるのが特徴です。ゆえにスモールビジネスは数が増えやすく、スモールビジネスにあたる事業が増えていくにつれて、雇用が拡大していく可能性も大いにあります。

スモールビジネスは「ベンチャー」「スタートアップ」「個人事業主」と一緒に扱われることが多いですが、違いはあるのでしょうか?それぞれの用語との違いについて解説します。

ベンチャーとの違いは?

ベンチャーとは、大企業が行っていないような新しい事業を営んでいる企業を指します。「創業してから数年以内の企業」「規模が小さい企業」がベンチャーだと言われることもありますが、事業内容で判断する方が適切でしょう。

スモールビジネスでも、ベンチャーと同じような事業をしている場合なら、スモールビジネスとベンチャーを一緒に扱ってもいいかもしれません。

しかし既存の事業を行っているスモールビジネスであれば、ベンチャーとは言い難いです。

【ベンチャーの簡単な定義】

大企業が行っていないような新しい事業を営んでいる企業

スタートアップとの違いは?

スタートアップとは、事業が急成長している企業を指します。「スタート」と聞くと創業年数が少ない企業だと連想しがちですが、必ずしも創業年数が少ない企業とは限りません。

スタートアップが行う事業は主に、今までにない革新的な事業です。有名どころでいえば、マーク・ザッカーバーグ氏が創業したFacebookがスタートアップにあたるでしょう。

したがって革新的で急成長している事業を扱っていれば、従業員が小規模でもスタートアップに該当します。逆に従業員が小規模なだけの企業は、あくまでスモールビジネスです。

【スタートアップの簡単な定義】

革新的で急成長している事業を扱う企業

個人事業主との違いは?

個人事業主とは、企業などと雇用契約を結ぶことなく、個人で事業を行っている人を指します。法人を設立せずに従業員を雇っている場合でも、個人事業主です。

ゆえに、法人を立てていなければスモールビジネスも個人事業主に該当します。逆に法人を立てているスモールビジネスは、個人事業主にはあたりません。

【個人事業主の簡単な定義】

従業員が一人ないしは少人数のビジネス

スモールビジネスのメリット

スモールビジネスを行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。スモールビジネスのメリットは、大きく分けて3つです。

  • 小規模でスタートできる
  • やりがいを感じやすい
  • 使える時間が多い

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

小規模でスタートできる

一つ目のメリットは、小規模でスタートできることです。

事業を立ち上げるには莫大な資金が必要だと思われがちですが、スモールビジネスは従来のビジネスに比べて小規模の資金で起業できます。スモールビジネス自体、大きな事業を扱わないビジネスなので、継続していくにも資金や従業員などのコストは比較的少なめです。

植木浩子
したがって「起業したいけどお金があまりない」という方でも、スモールビジネスであれば始めやすいでしょう。

やりがいを感じやすい

スモールビジネスはやりがいを感じやすいビジネスでもあります。

従業員が多い企業で働いていると「自分がやっている仕事に意味はあるのかな?」と、感じることもあるかもしれません。しかしスモールビジネスは従業員が一人ないしは少人数なので、自分のやっている仕事が売上やパフォーマンスに影響を与えやすいです。

従業員が少数な分一人にのしかかる責任感は大きいものの、自分がこなした仕事のおかげで売上を伸ばせたら、大きな嬉しさを感じられるでしょう。

使える時間が多い

三つ目にスモールビジネスには、使える時間が多いというメリットがあります。

一人または少人数で進めていくビジネスゆえに従業員の裁量は大きく、どこで仕事をするか、どのぐらい仕事をするかを決めやすいです。スモールビジネスは必ずしも莫大な利益を生む必要もなく、継続できる利益さえあれば働く時間に縛りは生じません。

植木浩子
使える時間を有効活用できれば、効率よく事業を成長させることもできますよ。

スモールビジネスのデメリット

小規模な資金でスタートできてやりがいを感じやすいスモールビジネスですが、一方でデメリットもあります。スモールビジネスのデメリットは大きく分けて3つです。

  • 顧客の開拓が大変
  • 社会的信用が低い
  • 利益が出るのに時間がかかることも

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

顧客の開拓が大変

一つ目のデメリットは、顧客の開拓が大変だということ。

スモールビジネスは少数で進めていくがゆえに、営業活動にあてられる時間や従業員に限りがあります。事業を営んでいるとメインの仕事を進めるのももちろんですが、営業、事務、経理など様々なことで時間が取られるでしょう。

スモールビジネスを営む上で役割分担や時間配分ができていないと、営業に時間を割くのは難しいです。

特に起業したてのうちは実績が全くないので、営業をしても顧客を獲得することが大変です。営業をしても「実績のない人たちと付き合うのはちょっと」と躊躇されることもあるでしょう。

植木浩子
最初のうちは実績を重ねて、営業を通しやすくすることが求められます。

社会的信用が低い

二つ目に、社会的信用が低いことが挙げられます。

大企業であればネームバリューもあり信用が高いものの、スモールビジネスは小規模ゆえに目立ちにくく、大企業に埋もれやすいです。

すでに有名な人や実績のある人がスモールビジネスを始めるなら、社会的信用をある程度は確保できるでしょう。しかし認知や実績がゼロの状態から信用を築いていくことは、なかなか難しいです。

最初のうちは営業で企業名を出しても「聞いたことないけどどんな企業なの?」と思われることも多いでしょう。

植木浩子
また融資を受けたいと思ったときでも、小規模ゆえに資金調達力が低いと見なされることもあります。

利益が出るのに時間がかかることも

スモールビジネスはスタートしても、利益が出るのに時間がかかることもあります。

最初のうちは実績がなく社会的信用も低いので、顧客の獲得が難しいです。顧客獲得に時間がかかりがちな分、売り上げて利益を生み出すのにも時間がかかります。

また場合によっては、開業する準備自体に時間がかかることもあるでしょう。例えば小規模な飲食店を開業する場合、テナントの用意やリフォームなどに時間や費用がかかります。準備している間は、もちろん利益は発生しません。

 

植木浩子
したがってスモールビジネスを始めるのであれば、利益が生み出せなくても生活できるほどの貯金を作るか、別の稼ぎ口も確保しておくことが理想です。

スモールビジネス向けの業種とは?

スモールビジネスに向いている業種にはどのようなものがあるのでしょうか?スモールビジネス向けの業種として、以下の仕事が挙げられます。

  • ブロガー
  • YouTuber
  • ネットショップ
  • コンサルタント
  • 野菜販売

それぞれの仕事の特徴について見ていきましょう。

ブロガー

ブロガーとは、自分でブログサイトを開設し、ブログサイト内に貼り付けた広告から広告収入を得る仕事です。

ブロガーは一人で行うこともできますし、従業員を少人数雇って記事の執筆を従業員に任せることもできます。ブログで稼げるようになるためにはアクセス数が必要で、アクセス数は記事数が多いほど伸びやすくなるものです。

ゆえに資金に余裕があれば、記事の執筆を従業員にお願いして、短時間で記事数を確保するのが理想でしょう。そして一つのブログで稼げるようになったら、ブログで稼いだお金を資金にして他にもブログを開設することもできます。

ブログは少額の資金でスタートできますが、資金が多ければ多いほど収入が伸びやすくなるビジネスです。

YouTuber

近年ではYouTuberが増えつつあります。バラエティ系のYouTuberからゲーム実況をするYouTuberまで、人によって発信している動画内容は実に様々です。

YouTuberはブロガーと類似点が多いのが特徴。YouTuberも広告収入に頼ってお金を稼ぎます。チャンネル登録者数と動画の再生回数が多ければ多いほど、広告収入も伸びていくものです。

YouTuberも一人または少人数で始められるので、スモールビジネスに向いています。しかし動画をアップロードをするのには手間がかかるため、一人でやるよりも複数人でやるのが理想です。

【動画をアップロードするまでの流れ】

動画内容の企画撮影編集

資金を上手く活用して、スムーズに動画をアップロードしていくことが求められます。

ネットショップ

ネットショップは、ネット上にショップサイトを開設して、自分で商品を販売・発送をする仕事です。

実店舗でないために接客や在庫管理に手間はかからず、従業員の数も資金も少なめで営業できます。ネットショップで販売できるものは様々で、ハンドメイドのアクセサリーや雑貨、健康食品などが典型的です。

ネットショップ運営は、なるべくお金をかけずに商品を確保(または自分で作る)し、お客様が買ってくれそうな範囲内で高く売ることが求められます。

コンサルタント

コンサルタントとは、自分自身の専門知識やスキルを活かして、お客様に対して助言をする仕事です。例えば経営コンサルティングであれば、企業の経営上の問題点を明らかにし、どうすれば問題点を解決できるかを指導します。

実際にコンサルタントの仕事をするなら、専門知識やスキルを持ち合わせていることが大前提です。とはいえ一人でもこなせる業種なので、軽いフットワークで仕事をこなせるでしょう。

植木浩子
もし特定の分野での専門知識やスキルがあれば、コンサルタントもおすすめです。

野菜販売

スモールビジネスでは、野菜を販売することもできます。もし自分で野菜や果物を栽培しているのであれば、ネット上で販売することで利益になりますよ。

野菜販売についても、営んでいくのに人数はあまり必要ありません。庭や農園がある家庭は、ぜひ野菜や果物を育てて販売してみましょう。

スモールビジネスまとめ

スモールビジネスの定義や、スモールビジネスに向いている業種を紹介しました。

スモールビジネスは小規模で行うビジネスなので、莫大な資金がなくてもスタートでき、継続もしていけます。

スモールビジネス形式での起業は、ハードルが低いです。起業に興味がある方は、スモールビジネス形式の起業を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の好きなことでWEB集客して安定的に収入を得たくありませんか?

安定した副業がしたい、コンサル業・カウンセラーや結婚相談所の運営で稼ぎたいとお悩みのあなたへ

・ブログから月50件メルマガリストが取れた!
・寝ている間もメルマガから自動的に有料の申し込み入った!
・全国から海外からも申し込みが来た!

などの実績満載の、「広告費をかけず資産ブログで集客する方法」の無料メルマガをご請求ください↓↓

広告費をかけず、資産ブログで集客する方法

Coming Soon(今しばらくお待ちください♪)

★マイスピー(婚活が成功する方法)

今だけ!3大特典プレゼント中!

あなたの婚活うまくいってますか?
婚活が成功する方法

 

【婚活が成功する方法】女性専用の無料メールマガジンを美婚®︎からお届け致します。

人気ブログランキング

応援クリックをポチッとお願いします!

婚活アドバイス・婚活応援ランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

YouTubeチャンネル登録案内

婚活成功エッセンス満載!美婚®︎

↓YouTubeチャンネル登録お願い致します↓

-ビジネス集客